オリジナルデザインのうちわの魅力

イベントやキャンペーンなどの告知や宣伝を行うには、さまざまなツールを使う方法があります。例えばチラシやパンフレット、のぼり、ティッシュ配布などがあります。広告や宣伝の目的によって、どのツールを使ったら良いかは変わってきます。夏に個人を対象に配る告知や広告の方法として最適なのは、うちわです。オリジナルのデザインで制作してくれる業者がありますので、広告したい文やデザインを決めて依頼すれば、作ってもらえます。うちわの形としては、昔ながらの柄のついたタイプと穴に指を入れて使うタイプがあります。オリジナルデザインのうちわは家電量販店のセール、商業施設の新装開店、花火大会などのイベント、分譲マンションや一戸建て住宅の見学会など不動産会社の広告に利用されることが多いです。

オリジナルデザインのうちわの宣伝効果

オリジナルデザインのうちわには、さまざまな宣伝効果が期待できます。夏の暑い時はうちわを使うという人は今でも多いため、宣伝文や写真が入っていたとしても、暑いさなかに配られていたら、つい手を伸ばしてしまいます。チラシなどと比べて、人が受け取ってくれる確率が高いツールであると言えます。チラシやパンフレットなどはかばんにしまうと、シワになりやすく破れることもありますが、うちわはしっかりした造りですので、持ち帰りがしやすいという特徴があります。実際に、1年前にもらったうちわを使っているという方も大勢います。一過性の広告のために配るのも効果的ですが、知名度や認知度を上げることを目的としてうちわを配っても効果的です。毎年行われるイベントなら、うちわを見て思い出すきっかけにもなります。

オリジナルうちわにはさまざまな効果がある

街頭や店頭でオリジナルうちわを受け取ると、受け取った人はそのまま仰ぎながら歩いて行きます。うちわを使っている間は、印刷した広告面が外に露出しています。うちわをもらった人だけでなく、うちわを使っている人を見た人まで広告効果が派生します。一人に渡したとしても、10人、20人に見てもらうことが可能です。うちわを配布する場所を工夫すると、宣伝効果が増します。大型店舗で宣伝のために配るなら、外気温と室内気温の差が大きい店舗の入り口付近で配るのが効果的です。野外イベントの場合は最寄り駅やイベント会場の入り口で配るのが効果的です。うちわのデザインも、宣伝したいことが明確に伝わるもので、ターゲットを意識したものでなければなりません。使いたいと思えるデザインにすることで、より宣伝効果が増します。